無線とは?

まず初めに無線とは何かと言う、簡単な説明からこのページを始めさせて頂きます。
まず、無線機の定義ですが文字通り「有線を使わずに通信する」ことを指しています。もう少し詳しく説明しますと、通信機として有線ケーブルを使っての電気通信をおこなわず、電波または赤外線など光を使ったり、音声を使ったりして通信をおこなう方法のことです。では、無線通信のメリットは何でしょうか?最大の利点は通信機器の取り回しが容易で場所を選ばずに通信できることに在り、その点に関しては、今の世界のは無線通信であふれています。

自作に最適なPCショップ
ゲームPCを自作したいけれど難しいとお考えの方にも最適なPCです。

たとえば、今一番身近になっている携帯電話も「有線を使わずに通信する」事に当てはめれば、無線通信になりますし、テレビのリモコンも無線通信が当たり前になっています。また、近年急速に発達したTI関係のおかげでインターネットも無線通信で楽しむことが出来ますし、携帯ゲーム機にもネットワーク機能を組み込んだ無線通信が可能なモノまで登場しました。今では簡単に無線通信を使っていますがその無線の仕組みを確立するまでには長い時間をかけ、様々な人々が試行錯誤を繰り返し今の無線機があるのを忘れてはいけません。


無線機のメリット・デメリット

 人にも長所、短所があるように機械にも得意、不得意があります。もちろん無線機を扱う際にもメリット・デメリットが存在します。では無線機のメリットとはどのようなモノなのでしょうか?
無線機の最大の特徴はその名の通り、通信に有線をしないため、車や船舶、航空機といった移動する乗り物に通信手段として無線機を使うことが出来るからです。このメリットは大きく、車だったら救急車やパトカーに、船舶や航空機には港や空港に停泊・着陸する際の連絡や緊急用に搭載されています。しかし、無線機をある一定の場所に固定して使ってしまっては無線機としての特性が失われてしまいます。通信地点を決めそのまま通信をおこなうのであれば通信速度、通信の安定性では有線通信の方が優れています。
コスト面でも無線機は優れています。有線通信とは違い、通信距離に関係なく通信回線を繋げるコストが無く、月々の電波使用量を払えば常時使えることから、通信手段としては非常に優れています。しかし、近年登場した、免許がいらず契約も簡単な通信手段として使える携帯電話の台等によって無線機の利点が奪われつつあります。

携帯電話の通信方法は「遠距離通信方式」で携帯電話から発信された電波を一度中継局で受信し、そこで個別のチャンネルに振り分けて電波を発信する方式です。そのため一回の通話でも回線仕様料が発生します。年越し〜年明けの時にお祝いの電話を掛けた際に繋がりにくい時があるのは一度に沢山の人が電話を使うため中継局の回線が足りずに混雑しているためです。ですので、新年の挨拶は電話やメールではなく直接本人に言うことをお勧めします。


おすすめWEBサイト 5選

軽量スーツケースなどのメーカー直営店

大人可愛い人気のコットンパール&結婚式アクセサリーの通販のミュゼ【MUSEE.co】カジュアル〜エレガント系までのアイテムをセレクトし買い付け。大人可愛く楽しむファッションを提案します。

大人可愛い人気のコットンパール&結婚式アクセサリーの通販のミュゼ

鉄道模型の通販専門店

おすすめ商品を激安価格でお届けします。

パソコンバッグの通販

カタログ無料請求のお申し込みができます。

アスクルのカタログ

Last update:2014/12/3

 
Copyright (C) 2009 〜初心者無線電波局〜 All rights reserved.